しんち福祉会

新地町在宅介護支援センター 事業計画

令和元年度新地町在宅介護支援センター指定居宅介護支援事業計画

1. 事業目的
「新地町在宅介護支援センター指定居宅介護支援事業運営規程」に基づいて、在宅の要介護状態にある高齢者に対し、適正な居宅介護支援サービスを提供することにより要介護状態の改善または悪化防止を図ることを目的とします。

2. 運営方針(事業目標)
(1) 利用者本位や自立支援の理念に沿った適正な居宅介護支援サービスを行います。
(2) 在宅生活継続の視点から地域の各事業者や団体、関係機関との連携に努めます。
(3) 近隣地域の保健・医療・福祉等の社会資源の把握と情報発信に努めます。

3. 事業内容
(1) 新地町より委託を受けて要介護認定訪問調査を実施します。また個々の認定調査員の資質向上のため福島県主催の認定調査員研修会を受講します。
(2) 利用者本位や自立支援の観点から適正なケアマネジメントを展開します。
①アセスメントの実施:所定のアセスメント表に基づき、要介護者及びその家族の在宅生活の現状を明らかにし、その生活上の課題や大切にしていきたい想いなどを把握します。
②ケアプランの策定:  生活上の課題解決に向けて当事者の想いを大切にしながら地域にある様々な社会資源やサービスを活用して、主体的な参画によるケアプランを策定します。
③担当者会議の開催:  ケアプランに位置付けた関係者やサービス機関とカンファレンスを行い、ケアの方針や生活に対する想いを共有することで実効性のあるものにしていきます。
④モニタリングの実施:サービス等が計画通りに提供されているか、利用者やご家族の満足度はどうかなどを定期的に確認します。
(3) 個々の介護支援専門員のケアマネジメントスキル向上のため、研修計画や伝達会議時の勉強会を定期的に実施します。また外部講師によるキャリアアップ支援研修会も実施します。個別的な課題に対しては個別研修計画を立案して目標を明確にした自主研修を実施していきます。
(4) 地域包括支援センターと協働して、地域の介護支援専門員や各サービス事業者相互の情報交換や勉強会を実施します。
(5) 年4回発行のしんち福祉会広報により、介護保険制度や在宅介護全般の情報提供を行い、より充実した在宅介護生活の継続に繋がるよう努めていきます。
(6) 在宅介護生活の継続のために、必要な知識や技術の習得及び介護者同士の繋がりの場となるよう家族介護者教室を実施します。
(7) 在宅介護や地域福祉の推進と理解、広報活動に繋がるよう地域包括支援センターと協働して新地町主催の健康福祉祭りに参画します。
(8) サービスに対する評価及び業務改善に繋げるため、意向・満足度調査を実施します。