しんち福祉会

新地町デイサービスセンター 事業計画

令和4年度 新地町デイサービスセンター事業計画
(介護予防通所介護事業含む)

1.事業目的

利用者一人一人の意思および人格を尊重し、利用者の立場に立った適正な指定通所介護事業および指定介護予防通所介護事業を実施し、心身機能の維持向上や社会的孤立感の解消ならびに家族の身体的、精神的負担の軽減を図り利用者の在宅生活を支援することを目的とします。

 

2.運営方針

1)利用者個人の有する能力と可能性を「1.引き出す2.尊重する3.強化する」ことから、利用者の在宅生活がいきいきと張りのある豊かな毎日となるよう身体面・精神面・社会参加面等の様々な側面から援助を行います。

2)介護予防の観点から利用者とともに一人一人の明確な目標を設定し、その実現に向けての取り組みを行います。

3)利用者個人の身体的・精神的な状況、状態に即したサービス提供を行い、全ての利用者に満足いただけるよう努めます。

4)利用者の喜びが職員の喜びとなるよう、信頼関係の構築を図ります。

 

3.通所介護事業

①通所介護計画に基づくサービス提供

ケアプランに基づいた適正な通所介護計画を作成し、利用者及び家族の意向と状況把握に努め、全ての利用者がより良い在宅生活を継続できるよう支援します。

②生活相談

利用者および家族の各種相談に応じ、内容に応じて担当ケアマネージャーと連絡調整を行い利用者の在宅生活を支えるとともに、家族の介護負担の軽減を図ります。

 ア.生活相談  イ.在宅での介護方法についての相談・助言

 ウ.包括や在介と連携協力しての介護者教室の企画・開催

 エ.その他指定通所介護に係る必要な相談援助

③機能訓練

専任の機能訓練指導員を配置、心身機能の維持増進ならびに利用者個人の具体的な目標設定を行い、その実現に向けて援助を行います。

 ア.日常生活動作   イ.アクティビティサービス(創作、行事等活動)

 ウ.個別リハビリ(機能訓練指導員による個別メニューの実施) エ.集団リハビリ

④入浴サービス

利用者個人の状態・希望に応じ、最適な入浴サービスを提供します。必要に応じ在宅での入浴確保のための助言、訓練等を行います。また、快適な入浴ができるよう環境整備に努めます。

ア.入浴種類 一般浴・個別浴・三人浴・リフト浴・中間浴・特浴 

イ.その他の介護 衣類着脱・身体の清拭・洗髪・洗身・浴室内外の移動・浴槽の出入りなど

⑤送迎サービス

利用者個人の心身状態及び地理的状況等を考慮した送迎車両・送迎ルートを設定し、無理のない送迎サービスを提供します。また、安全第一を念頭に置いた走行、及び車両の定期的な点検・整備を行い利用者の安全確保に細心の注意を払うとともに、車両内外の清掃を徹底し、利用者が快適に乗車できるよう努めます。

 ア.乗車・下車時の介助 イ.乗車中の状態観察 ウ.迎え時の状態確認・送り時の状態報告

 エ.シートベルト着用および車椅子固定の確認

⑥食事サービス 

利用者個人の状態及び嗜好を把握し、食事内容・形態及び食事用具の検討を行います。栄養面・食事制限等に配慮しながらも、利用者が食に喜びを感じられるような食事サービスを提供します。美味しく、楽しく召し上がっていただくことを基本とし援助を行います。

ア.食事介助(食事状況の見守り) イ.嚥下状態及び食事摂取量の観察

ウ.嚥下体操による嚥下訓練 エ.管理栄養士による栄養指導(栄養マネジメント)

⑦口腔機能の向上 

ア.口腔衛生の指導および援助 イ.嚥下訓練 ウ.その他口腔機能の向上に関すること

⑧その他の日常生活上の援助

利用者個人の有する能力・可能性を尊重し、一人一人の個別性を尊重した自立支援を目指しサービス提供を行います。

ア.移動 歩行の見守り・適切な歩行器具の紹介・車椅子操作の指導・車椅子介助

イ.排泄 トイレ動作の訓練・見守り・介助・声かけ誘導・おむつ交換

ウ.その他必要な身体の介護

⑨健康管理 

利用者の健康状態を観察・把握し健康管理及び健康指導に努め、異常の早期発見・早期対応に努めます。緊急時は家族及び主治医との連携による迅速かつ最善の対応に努めます。また、感染症予防のための適切な対応及び対策の徹底を図ります。

ア.バイタル測定 イ.体重測定 ウ.状態観察 エ.健康相談 オ.感染症予防

⑩活動(レクリエーション等)プログラム

年間活動計画を立て、月ごとの誕生会や季節の行事に合わせたレクリエーション等、利用者のニーズに合わせた企画・運営を行います。受動的プログラムから能動的プログラムへと転換を図り、達成感を味わうことで心身の活性化に繋げます。

 

4.介護予防通所介護事業 

①事業目的

厚生労働省で定める居宅要支援者に対し、当該施設において、入浴、排泄、食事等の介護その他の日常生活上の支援及び機能訓練を行うことを目的とします。また、介護予防サービスとしては、「日常生活上の基本動作がほぼ自立し、状態の維持・改善可能性の高い」軽度者の状態に即した自立支援と「目標指向型」のサービス提供を推進します。

②事業内容

ア.共通サービス 日常生活上の支援を行います。(必要に応じ入浴、送迎も含みます。)
介護予防通所介護計画に基づくサービス提供、生活相談、入浴・送迎・食事の各種サービス、健康管理等については、通所介護事業と同等の内容で提供します。

イ.アクティビティ(集団でのレクリエーションや創作等)
学習・創作・音楽・料理・ゲーム等、地域ながらの行事や季節感を多く取り入れた活動を小グループ制で実施することにより、利用者の有する能力や可能性を最大限に活用し、一人ひとりが在宅の生活に繋がる様に目標達成を図ります。また、地域交流(施設見学や体験学習的なもの)により、外に出て社会資源に触れることで心身機能の活性化を図るとともに、利用者の個別性を尊重し、心身機能の維持活性化及び認知症予防を目指します。

ウ.選択的サービス提供

運動器機能向上が図れるよう、機能訓練指導員により個別メニューを整備・提供します。

③その他

総合事業では、利用者のニーズの変化に伴い、疾病に対しての把握不足や通院状況・服薬の変化を知りご家族のリスクに対して助言や報告を密にし、在宅生活に繋げられる支援を行っていきます。また、多様化するご家族のニーズ対応が出来る様に別日の利用・入浴のみの利用等、柔軟なサービス体制を図ります。

 

5.コロナ禍に対して

新型コロナウイルス感染症に対しては、基本的な感染予防対策の実施を行いつつ、行事活動についても感染リスクを下げる工夫を行い、感染防止の情報発信を在宅にも行っていきます。